トップページ >たのまな

ヒューマン「たのまな」の通関士講座

ヒューマンのたのまな

ヒューマンの通信講座「たのまな」は資格取得のための専門校。豊富なコース、わかりやすい教材、実力のある講師、効果的なカリキュラム、充実したDVDとサポートで、資格を取得したいと頑張る受講生を応援しています。

その中でも通関士講座は20余年の伝統ある講座です。蓄積されたデータやノウハウが数多くの合格者を生むのです。

「たのまな」は管理人が最もおすすめする講座です。通学講座にはいけないとがっかりする前に、通信講座をチェックしてみるのは絶対おすすめですよ!

たのまなの通関士講座はこちら

コースやカリキュラムは?

「たのまな」の通関士関連のコースは「通関士総合コース」と「通関士テキスト通信コース」「通関実務徹底マスターコース」W資格取得を目指す「貿易実務・通関士総合コース」を展開しています。

たのまな通関士講座のテキスト

通関士総合コースでは、その名の通り通関士の総合コース。全く基礎知識のない「初歩」から安心して始めることのできる、全教程DVD講義付きというコースです。コースのカリキュラムは6か月間で、通関士の試験に合格するために必要なノウハウをしっかり吸収していきます。初心者だと、ついていけないのではないかなと心配になられる方もいらっしゃるようですが、初学者こそすべての教材がそろったこちらのコースを選択すべきです。

また、売り上げNo,1通関士参考書『通関士完全攻略ガイド』に沿って、本書を監修・執筆する人気講師、笠原純一先生が「通関士試験の要点」を初歩から解説してくれるというのも、大きな魅力です。

たのまな通信コースのテキスト

通関士テキスト通信コースは総合コースのDVD無しの通信コースです。管理人としてはDVDがあった方が記憶に残りやすいですし細かい解説もついていてテキストを読むより効率がいいので総合コースをおすすめしています。

貿易実務マスター

通関実務徹底マスターコースは通関士実務に特化したコース。前年度実務で涙をのんだ方にはおすすめです。

実務さえよい点が取れたら合格するというレベルの方は意外に多いようです。

貿易実務・通関士総合コース

貿易実務・通関士総合コースは貿易実務検定C級の資格を取得し、その後通関士の資格に挑むというコース。

貿易実務検定C級は通関士と試験範囲が被る部分が多く、レベルとしても実務経験1~3年相当のレベルで、貿易に関わる基本的な知識を問われる程度なので入門に最適。資格のダブル取得で就職にさらに有利になります。

 

このように、たのまなが選ばれる理由の一つは、合格に結びつく教材を豊富にそろえているという点といえるでしょう。しかも、万が一試験に不合格だった場合に、Wチャレンジ応援制度といって、翌年の法改正資料は無償で提供してもらえるんですよ。こうした万全のサポートで受講生を応援してくれているのは、うれしいですよね。

通学も視野に入れたら合格率は上がる?

たのまなの通関士講座は各コース通学講座もあります。ヒューマンが母体ですので校舎も沢山あって通いやすいので通学講座もおすすめです。通学の場合費用が通信よりもかかりますが通信に10万以上の自己投資するのでしたら思い切って少し高い通学を選択するのも手段です。通学のデメリットは決められた時間に行かなければいけない点ですが、家ではなかなか勉強ができないタイプの方や通信だとやらなくなって挫折してしまう可能性がある方は自身を縛る意味でも教室に通うのがおすすめです。

口コミや合格体験記で共通してあげている講座の特徴は?

口コミを言うイラスト

ヒューマンの場合、まずは教材のDVDが、通学の授業をただ録画したものではなく、通信講座用にわかりやすく要所要所気を使ってくれているのがよかった、という声が一番聞かれます。DVDを見てからテキストに取り掛かると、スムーズに進む、との声も!

また通関士受験参考書売上1位の「通関士完全攻略ガイド」をテキストに使っているから安心して学習が進められるという意見もありました。

「たのまな」は管理人おすすめNo.1!!

管理人

「たのまな」は管理人が最もお勧めする通信講座です。DVD教材の総合コースは有名他社より少し高いイメージがあります。しかし1年で合格できたなら時間も費用も自己投資としては決して高いとは言えません。資格を使って働く事でその費用も回収できます。

しかしさすがに10万以上の買い物ですのでそう気軽にはいかないという方には資料請求をおすすめします。

資料にはテキスト内容や細かなサポート情報が掲載されてますので講座を決める参考になります。しかも資料請求は無料ですし、実際に資料が届いたら勉強を始める切っ掛けにもなりますので、是非試してみてください。

たのまなの通関士講座はこちら