通関士トップページ >通関士になるべき人とは

どんな人が通関士にむいているの?

管理人

通関士の資格を取得する前に、通関士に向ている人はどのような人なのかについて、知っておきましょう!

通関士として働くのであれば、世界を相手にした仕事を希望し、国際的な感覚が身についている方がお勧めといえると思います。人とのコミュニケーションをとるのが得意であり、また専門的な輸出入用語の会話ができるくらいの語学力も必須です。

貿易関連の仕事がしたい、国際取引に興味や関心がある方は、通関士に向いているでしょう。さらに、責任感があり、複雑な事務手続きも苦にならない方、集中力と根気のある方、事務作業が得意な方、さらには物流関連で貨物の確認や荷物運びもあったりするので体力に自信があれば尚よしといえますね。

一定レベルの英語力が必要って本当?

外国人に囲まれるイラスト

通関士の仕事は、相手は世界です!というわけで、最低限の英語力は必要です。しかし実際には会話や長文を読むという事はあまりなく、商品名が英語で書かれてるのでそれを読む英語力程度が必要というレベルです。

なので英語が苦手な方は、通関士関連の単語に特化して勉強をするのがお勧めです。

実際に働き出してから海外勤務などになって焦って勉強する羽目にならなようにも、ある程度の英語の勉強はしておきたいですね。

コミュニケーション能力、責任感は問われる?

国際コミュニケーション

通関士は、輸出入において他国の方ともコミュニケーションを取ることが迫られると思われがちですが会社の方針によってまかされる 仕事の範囲が異なるため、コミュニケーションが必須とは言い切れません。

ひたすら輸出入される商品を「統計品目番号」にあてはめていき税関に申告する事だけをまかされてる場合はコミュニケーション能力はさほど必要ではありません。仕事ならコミュニケーションが取れる、という方であれば、問題はありません。

ただ会社によっては輸出者とのやりとりをまかせられたりする場合もあり、関税と輸出者の間に立つ場合は最低限のコミュニケーション能力が必要となります。

ややこしい複雑な書類をこなさなくてはなりませんし、法にかかわることも多々あるので、責任を持って職務を追行することができる責任感の強い方が求められるのは他の業種も一緒です。

最低限のコミュニケーション能力や責任感は他業種と一緒程度必要と言えます。

通信講座、通学講座は確かに高いが自身を動かすにはいい

管理人

当サイトでは通信講座を中心に紹介していますが、通関士の講座は他の資格より少し学費が高いイメージがあります。

確かに独学で市販のテキストを買って独学で勉強したら費用は数千円ですみます。

しかし本当にそれで合格できますか?

実際、独学で家や会社でしっかり勉強ができるタイプの方なら市販のテキストの独学で合格できます。

しかしほとんどの人間は基本的には怠け者です。「追い込まれないとやれないタイプ」などと言いますが、ほとんどの人は基本的には、そうなんです。

だから高い講座ほど自分を追い込む力にはなります。「こんなに高額を払って1年で合格できなかったらやばい」そんな気持ちが机に向かわせるのです。

また通信講座でも、決められたペースで課題を提出する添削サービスがあるので"自身を追い込む仕組み作り"として十分に活用できます。

そしてもし1年で合格できたなら時間も費用も自己投資としては決して高いとは言えません。資格を使って働く事でその費用も回収できます。

しかしさすがに10万以上の買い物ですのでそう気軽にはいかないという方にはまとめて資料請求をおすすめします。

資料にはテキスト内容や細かなサポート情報が掲載されてますので講座を決める参考になります。しかも資料請求は無料ですし、実際に資料が届いたら勉強を始める切っ掛けにもなりますので、是非試してみてください。

通信講座比較はこちら