通関士トップページ >通関士の資格保有は必須?

通関士資格はなくても働ける?

管理人

物流関連の職業、特に輸出入に関わる通関業者などの仕事につくなら、断然あったほうが有利な資格が通関士の資格です。

会社によっては必須なため、入社後に取得が義務付けられてる所もあります。

そのため、あらかじめ通関士の資格はあったほうがいいのか、なくても働けるのかといえば、答えは「あったほうが有利」と言えます。

また、会社によっても違いますが、通関士の資格を持っているだけで、給与にプラスされる場合があります。また、後々会社の中で重要なポストにつく場合に、通関士の資格を持っている方のほうが、責任ある地位につきやすいという傾向もあります。

通関士の資格だけで給料が飛躍的にアップするわけではありませんが、希望の職種が通関士にも関わりがある場合あらかじめ取得しておいて損はありません。資格自体が特殊でややマイナーなため資格取得者にしか出来ない仕事があるという意味では資格取得によって貴重な存在になれると言えます。

実際の求人では通関士資格は必須?

失業率

実際に通関士として会社を探す場合、求人広告に通関士の資格が必須となっている求人は、多くはありません。

逆に、通関業者はTOIECの点数や英語以外の外国語が堪能かなど語学力でまずは採用し、入社後通関士の資格を取得させるというパターンが多いようです。

物流関連の会社に転職などをお考えであれば、通関士の資格はまず持っておきたい資格で、さらに通関士の資格と同じくらい英語力を重要視し、通関士の資格と英語の勉強を並行して進めることで、さらに道が開けるといっても過言ではないでしょう。

通関業者以外で働ける?

活躍するイラスト

通関士の資格を取ると、通関業者関連しか働き場がないのでは、と思われる方も多くいらっしゃるようですが、実は通関士の資格を持っていると、国際的に認知度の高い商社やメーカー、量販店など、通関業者以外の職場で活躍することも可能です。

それは、大小かかわらず世界を相手に仕事をされている会社や海外進出を計画がある会社の場合、通関士の資格のある社員は重宝されます。輸出・輸入の際に、その知識を生かすことができるからです。ネットが進化し海外との取引の敷居が低くなった昨今、今後さらにグローバル化は進みます。通関士の資格は取っておいてよかったといえる資格になり得ます。

まだ講座を受けるか悩んでる方へ

管理人

当サイトでは通関士講座の比較を中心に掲載しています。ですのでご覧になってる方は「通関士の資格は欲しいがどの講座にしようか迷ってる」「独学でなんとか合格できないかな?」「通信講座で本当に合格できるのかな」などといった思いでご覧になってる方が多いとは思います。

すでにお気付きとは思いますが、通関士は通信講座できっちり学習したら取得できます。しかし講座はお金もかかるし時間も取られる。なのでやらなくてもいい理由を探してるという側面も少し有りませんか?

基本的に人間は今の状況を維持したがります。それが良い方向に変わるとわかっていても「変化がおきて欲しくない」という思いが勝ってしまうのです。

しかし、それを意識して一歩前に踏み出せた人から現状は変わります。

専門的な機関で学習したほうが確実に合格率は上がるとわかっているなら貴重な時間を無駄にしないためにも、講座を利用して1年で(1回の受験で)合格してしまいましょう。講座にかかる費用も資格を使って働けたのならすぐに回収できる自己投資です。

と言ってもなかなか踏み切れない方はまとめて資料請求がおすすめです。資料請求は無料ですし各社テキストの中身の一部が掲載されてたり、サポートの詳細が掲載されてます。なにより実際に資料が届くと勉強を始める切っ掛けにもなりますので、是非試してみてください。