通関士トップページ >通関士って何?

通関士の資格とは

管理人

通関士とは、輸入や輸出を行っている人が海外向けにきちんと輸出入できるように、国際物流の正しい手続きを行う、貿易関連のお仕事をしている方です。

通関士は海外のものを日本に輸入したり輸出したりする際の手続きなどを、税関に代わり行っています。

ここでは通関士の仕事について解説します。

どんな仕事内容なの?

naccsのロゴ

通関士は、通関書類の審査をする仕事と、審査後の記名捺印など、手続き関連の仕事をおもにこなしています。

通関士は、税関とNACCS(ナックス)と呼ばれる通関情報処理機構でやりとりし、その内容はデータで管理されています。NACCSを利用するため、通関書類の作成や審査も、ほとんどこのNACCSを通して行います。

また、税関に申告の説明したり、と税関検査の立ち会いをしたりします。違法なものが日本に流れ込むのを水際で防いだりと、実は国際物流の安全にも役立っている職業なのです。仕事場としては、海上輸送関連企業や航空関連企業、メーカー、貿易会社など。今後さらに需要が伸びることが期待できる職種です。

通関士の資格取得のメリット

貿易をするイラスト

通関士の資格を取得しておくと、どのようなメリットがあるのかといえば、自分が希望する会社が流通業や貿易関連会社の場合、通関士の資格を取っておけば、すでに仕事でつかえる知識を持っているということで優遇されることがあります。

もちろん、就職後は実際に通関士の仕事を役立てることもできます!物流関連にかかわる会社に就職するなら、持っておいて損はないでしょう。

さらに、税関関連、物流関連の法律にも詳しくなる、といったメリットも。個人輸入などを自宅で考えられている場合も、通関士の資格があれば安心です。 大学在学中に資格を取得したり、すでに会社に勤務されている方は、空いた時間を使って勉強をし、通関士の資格を取得してから転職活動をする方も増えています。やはり、物流関連の会社につくのであれば、転職にも有利に働いてくれるのが通関士の資格の大きなメリットといえるでしょう。

通関士取得に限らず士業資格は一生の宝

管理人

通関士資格に限らず資格やスキルは一生の宝と言えます。勉強など毛嫌いして避けてきた方も多いかとは思いますが、自由な働き方ができる世の中になってきた現在はさらにそうは言ってられなくなりました。

就職するのも個人ビジネスを展開するのも資格やスキルがなかったら難しい世の中です。

逆に言うと資格やスキルがあるだけで、他の人とは少し違う人生になってしまう。そんな事は私が言うまでもない世の中になってしまいました。しかしあなたは今の現状から脱したいと少なからず思ってこちらのサイトにたどり着いてるのですから、正直目の付け所がいいと言えます。私も今は資格やスキルを得てなんとか仕事は出来ていますが、若い頃もっといろんな事を専門的に習っていたらどんなに早く効率よく今の状態にたどりつけたかと思うと少々後悔しています。

でも、いざ資格スクールに通いたいと思っても、どこにあるのかわからない、どこに通えばいいかわからないという事はあると思います。

そんな時には気になる講座の資料請求がおすすめです。

資料にはスクールの写真や細かな情報が掲載されてますので、自身にあった通信講座を探せます。資料請求は無料ですし、勉強を始める切っ掛けにもなりますので、是非試してみてください。